患者さんから信頼を得る方法

初診の患者さんから信頼を得る言葉

あなたはどんな先生に診てもらいたいですか?

もし、あなたが、腰痛【ぎっくり腰】になった時、どんな先生にみてもらいたいですか?

 

① 自信満々の先生

 

 

② 自信がなく、みためにも、言葉にも、力がなく頼りない先生

 

 

 

はい。

間違いなく①ですよね。

 

 

 

先日、私は、ぎっくり腰になりました。

 

不覚にも・・・

 

情けない・・・

 

 

いつも、ソファーで寝ないでくださいね。と

 

患者さんに伝えているのにも、かかわらずですね・・・。

 

ソファーで寝落ちしてしまったんですね・・・

 

朝、娘に起こされました・・・・

 

 

ということで、

 

あなたは、自信がある先生にみてもらいたいですか?

 

 

それとも、

 

 

自信がない先生にみてもらいたいですか?

 

 

 

まずは、これをしっかりと意識してください。

 

そして、逆の立場になって考えてください。

 

 

施術家のあなたが、もし、患者側になったとき、

 

 

何を大切にしますか?

・人柄ですか?

 

・治療効果?

 

 

・話をしっかり聞いてくれることですか?

 

 

まずは、ノートとペンをもって 書いてみてください。

 

書けない場合は、近くの整体院に行くか!?

 

そして、今、通院をしている、患者さんに聞いてみてください。

 

 

「 最初に当院に来た時、どんな事をおもって来院しました? 」

 

 

 

↓↓↓

 

 

【 患者さんから信頼を得る言葉 】

 

 

 

自信をつけるには、どうすれば良いですか?

よく聞かれる質問です。

練習あるのみです。

自信がない場合も、同じです。

練習あるのみ。

 

または、音声に取ったりして、改善してください。

 

自信がある先生は、雰囲気でわかります。

または、話す雰囲気で全然違いますよ。

 

余談ですが、私は、野球をやっていました。

打てる打者(バッター)
抑える投手(ピッチャー)

は、

雰囲気が違います。

それと一緒です。

 

患者さんから信頼を得るには!?

【信頼】とはなんでしょうか?

・コミュニケーション?

・リピート率?

・改善率?

・雰囲気?

・成果?

・患者さんを想いやること?

 

信頼には、いろいろとあると思いますが、

まずは、患者さんに聞いてみましょう!

 

患者さんに何を聞けばよいのでしょうか?

では、実際、患者さんに、何を聞けばよいのでしょうか?

・どうすると痛いのか?

・なぜ、このタイミングで施術をしなくてはいけないのか?

人それぞれ、施術を受ける理由が違います。

それをまず、聞きましょう。

治療法について!?

効果について!?

それも、大事なことですが、患者さんが、どんなことを悩んでいるのか!?

聞くことが一番大切です。

患者さんに伝えることは、たくさんあります

伝えることは、たくさんありますが、

できるだけ、わかりやすく

シンプルに伝えていきましょう!!!

 

 

治療院経営を

90日で復活できる方法を配信中。

友だち追加
ID検索「@monden 」で、検索しても登録できます。

 

 

 

もんでん さとし

-患者さんから信頼を得る方法

© 2021 もんでん さとし【1人治療院学科】